出会える系サイト紹介所
限定感を演出してメールの開封率を上げるテクニックの紹介です。


◆限定感を演出する


人というのは限定物に弱いです。

特に女の子は限定物が大好きです。お菓子・バーゲン・洋服etc…例を挙げればキリがありません。

出会い系でも限定感を演出することで返信率を上げることができます。例をいくつか挙げます。

「このサイトで何百人という女の子のプロフィールを見ましたが、あなたが一番気が合いそうです」

「掲示板でこれでもかというくらい条件付けをして検索したら、1件HITしました。それがあなたです」

「1ヵ月前にサイトであなたのことを見付け、ずっと気になっていました。でも彼女がいたのでメールできませんでした。しかし昨日、彼女と別れたので今こうしてメールしています」


人は限定ものに弱い


◆キーワードは「あなただけ」


メールのタイトルをその人の名前にすると、開封率が10倍以上になるといわれています。

不特定多数の人に送られたものよりも、自分だけに送られたものに人は弱いんですね。

メールの内容にしても、いかにも不特定多数の人に向けて送ることができるテンプレートのようなものよりも、明らかにその人宛に送られたと思える内容の方が返信率は上がります。

倍どころじゃありません。5〜10倍は返信率が上がります。

テンプレートはテンプレートでいいのですが、ちょっとだけ中身を「あなただけ」に送られたメールであると気付かせる内容を付け加えることがポイントです。


▲ページTOPへ

出会い系コラム集
出会い系マニュアル集
出会い系ニュース集
ナ運営者情報
w友達に教える
ト出会える系サイト紹介所HOME

(C)出会える系サイト紹介所


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function eregi() in /home/reference/www/47/func.php:5 Stack trace: #0 /home/reference/www/47/func.php(347): agent_check('CCBot/2.0 (http...') #1 [internal function]: emoji_convert('<!-- \x83A\x83i\x83\x8A\x83e\x83B...', 9) #2 /home/reference/www/47/manual/gentei.php(97): ob_end_flush() #3 {main} thrown in /home/reference/www/47/func.php on line 5